ホワイトニング種類

セルフホワイトニングのLEDライトって意味あるの?メカニズムや効果はどう?

TAKA
TAKA
サロンでやるセルフホワイトニングって、歯が白くなるのかな?歯医者さんでやってもらうホワイトニングと何が違うの?

ホワイトニングは大きく分て、歯医者さんでやるオフィスホワイトニングと、自分でやるセルフホワイトニングの2つに分られます。

一体、この二つは何がどう違うのか?

また、どちらのホワイトニングが良くて、オススメなのか?

オフィスホワイトニングと、セルフホワイトニングの違いについても解説していきます。

この記事でわかること

・セルフホワイトニングで歯が白くなるメカニズム
・セルフホワイトニングで効果を感じられる回数
・セルフホワイトニングでどこまで歯が白くなるのか?

セルフホワイトニングとは

セルフホワイトニングは、その名の通りに自分の手で行うホワイトニングのことです。

サロンでやるセルフホワイトニングでも、サロンにある薬剤や道具を使って自分で歯に塗って光を当てて行います。

それに対して、歯医者さんでやってもらうオフィスホワイトニングは、過酸化水素という薬剤を歯医者さんに塗ってもらう必要があります。

これは非常に刺激が強い、強力な薬品であるため専門家である歯科医師しか取り扱うことができません。

セルフホワイトニングの仕組み・メカニズム

セルフホワイトニングでの有効成分

HAKARA:亜塩素酸ナトリウム
一般的なセルフホワイトニング:酸化チタン、ポリリン酸

セルフホワイトニングでは、この過酸化水素と使うことはなく、酸化チタンやポリリン酸など安全性の高い薬品が使われます。

酸化チタン、ポリリン酸では、歯の内部にまで浸食することがなく、歯の表面をきれいにする作用があります。

歯の内部、エナメル質までには作用しないので、歯そのものの色を変えることはありません。

セルフホワイトニングのLEDはどういう意味があるの?

セルフホワイトニングでLEDを使う理由は、

酸化チタンによる光触媒作用で、歯表面の汚れを分解するためです。

LEDを使うメリットは、この光触媒の作用によって着色汚れを分解してくれることですが、デメリットとしてライトの光や熱による歯茎へのダメージも考えられます。

また、LEDがついている歯ブラシなども販売されていますが、家庭用のLEDでは十分な強さの光(紫外線)の強さが出せずに、あまり効果がないという専門家もいます。

ホワイトニングで効果を感じる回数

TAKA
TAKA
セルフホワイトニングって、オフィスホワイトニングに比べて効果が薄そうだから、何回も通わないと行けなさそうなイメージがあるんだよね。

オフィスホワイトニング(歯科医院)

歯医者さんで行うオフィスホワイトニングは、過酸化水素という強い薬を使って短期間で歯の色を漂白します。

一般的に、過酸化水素30%~35%濃度で使われることが多いです。

そのため、多くの人が1回で歯の色が白くなったと感じることができます。

使っている薬剤の濃度によっても変わってきますが、1回〜2,3回ほど通うところが多いです。

その後は、3ヶ月〜半年に1回の頻度で通って、定期的にオフィスホワイトニングをすることを勧められています。

セルフホワイトニング

セルフホワイトニングでは、3回〜5回ほどで歯が白くなったと自覚できることが多いです。

最初の数ヶ月間は、週に1回などの頻度で連続して行い、その後は月に1〜2回を継続していくことが勧められています。

オフィスホワイトニングのように、1回で歯が白くなることはあまり多くはありません。

セルフホワイトニングの効果はどう?

歯の表面の汚れを落とす効果あり

セルフホワイトニングで使用可能な薬剤は、歯の表面の汚れを落とすことに優れています。

そのため、食べ物や飲み物による着色、ステインを落とすには効果があります。

しかし、歯の内部にまでは働きかけることができないので、歯そのものの色が黄色くなっている場合や、エナメル質が薄くなって黄ばんで見える人にはあまり効果がありません。

セルフホワイトニングの中でも、一部のものでは歯の内部に働きかけることができるものもあります。

使用されている有効成分、薬剤をチェックしてから利用するのがオススメです!

TAKA
TAKA
コーヒーやワイン、タバコのヤニなどを落とすのにはいいよね。

歯そのものの色を白くしたいならオフィスホワイトニング

歯が黄ばんでいる原因は、人によって様々です。

そのため、自分の歯の黄ばみや着色の原因を把握しておく必要がありますね。

病気や薬が原因であることもありますが、そういう場合にはセルフホワイトニングでは全くと言っていいほど効果はありません。

明らかに歯の色がおかしい時は、まず歯医者さんに相談するのがオススメです。

原因によって、様々なアプローチ方法を相談できる歯医者さんを掛かりつけにしておくと心強いですよね。

オフィスホワイトニングなどで歯をしっかりと白くしてから、その後のメンテナンスはセルフホワイトニングで行うことも可能ですしね。

TAKA
TAKA
加齢による歯の黄ばみや、酷い着色だとセルフでは難しいからオフィスホワイトニングとかHAKARAがおすすめだね。

セルフホワイトニングのメカニズムと効果まとめ

セルフホワイトニングとオフィスホワイトニングでは、使用する薬剤も違いますから効果も違います。

 

一般的なセルフホワイトニングでは、歯表面の汚れや着色を落とすのに優れています。

使用する薬剤 ⇒ 酸化チタン、ポリリン酸 など

オフィスホワイトニングでは、歯の内部(エナメル質)まで働きかけて歯を漂白することができます。

使用する薬剤 ⇒ 過酸化水素

 

そして、最近ではセルフホワイトニングでもHAKARAという商品では、亜塩素酸ナトリウムという薬剤を使って

セルフホワイトニングでも歯の内部に働きかけて漂白可能な技術も開発されています。

セルフホワイトニングのメリットは、なんといっても気軽に始めることができる料金でしょう。

さらに、セルフで利用できるということは安全性が高いという証拠でもあります。

30代黄ばんだ歯を自宅で白くした市販の商品!セルフホワイトニングで失敗しないためのポイント今回は『HAKARA』というセルフホワイトニングの商品のレビューを書いていこうと思います。 というのも、 私はこれまで30数...
RELATED POST
ホワイトニング種類

オフィスホワイトニングのメリットとデメリットは?コスパ良く歯を白くするおすすめ商品を紹介

2021年12月21日
タカのホワイトニング日記
ホワイトニングに興味が出てきて調べてみると、まず種類の多さに驚きますよね。 最も手軽なホワイトニングの歯磨き粉や、SNSなどで見るよう …
ホワイトニング種類

通販のホワイトニング歯磨き粉ってどう?メリットやデメリットと料金や効果を比較してみた

2022年1月11日
タカのホワイトニング日記
ホワイトニングをやろうと思うと、まずホワイトニングの種類で戸惑うと思います。 などなど、最初は混乱する人が多いと思います。  …