ホワイトニング種類

セルフホワイトニング(サロン)ってどう?メリットやデメリットと料金や効果を比較してみた

ホワイトニングをやろうと思ってて、SNSでインフルエンサーの〇〇さんが投稿してたサロン行ってみようと思ってるんだよね。

YouTuberの△△が通ってるっていうホワイトニングサロンも良さそうだよね。

そんな感じで、なんとなくのイメージや行ってる人でホワイトニング決めちゃっていませんか?

でも、そのインフルエンサーやYouTuberとは、普段食べてるものや歯磨きのタイミング、回数、使ってる歯磨き粉も違いますよね?

 

でも、インスタやYouTubeで実際に歯が白くなってるから、とりま良さそうじゃん♪

そういう方は、まずは自分が気になるホワイトニングサロンへ行って見るのもいいと思いますよ。

ただし、歯の黄ばみにはあまり効果はないので、効果がないと感じられたらまたこのサイトに戻ってきて見てくださいね。

 

すでに、ホワイトニングサロンに通ってみて、あんまり効果が感じられずに困っている人もいるかもしれません。

やっぱり、黄ばみをしっかりと白くするにはオフィスホワイトニングしかないかぁ〜。なんて悩んでいる人。

そんな人には、このページでなぜセルフホワイトニングでは、歯が白くならなかったのかが納得できると思います。

セルフホワイトニングでは満足できなかった人におすすめのホワイトニングもあるので、ぜひ試して見てほしいです。

このページでわかること
  • セルフホワイトニング(サロン)のメリット、デメリット
  • セルフホワイトニング(サロン)と他のホワイトニングの違い
  • セルフホワイトニング(サロン)がおすすめな人

ホワイトニングの種類と違い

オフィス
ホワイトニング
ホーム
ホワイトニング
セルフ
ホワイトニング
ホワイトニング
歯磨き粉
HAKARA
料金 10,000円〜
70,000円
20,000円〜
50,000円
3,000円〜
5,000円
1,000円〜 4,000円
推奨頻度 半年ごと 半年ごと 月に数回 毎日 月に1回
有効成分 過酸化水素 過酸化尿素 酸化チタン
ポリリン酸ナトリウム
酸化チタン
PEG
薬用ハイドロキシアパタイト
亜塩素酸ナトリウム
効果 歯を白くする 歯を白くする 歯表面の汚れを落とす 歯表面の汚れを落とす 歯を白くする
受ける場所 歯科医院 自宅 サロン
自宅
自宅 自宅
こんな人におすすめ とにかく白さにこだわる 自宅で白さを求める 安く続けたい ナチュラルな白さ 自宅でコスパ良く白くしたい

ホワイトニングをざっくりと分けると、このような感じですね。

歯科医のもとで進めるのが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つ。

それ以外では、基本的に使える薬剤の種類が限られているので効果が限定されてしまいます。

歯の漂白オフィスホワイトニングホームホワイトニングHAKARA

歯表面の汚れ落としセルフホワイトニングホワイトニング歯磨き粉

オフィスホワイトニングのメリットとデメリットは?コスパ良く歯を白くするおすすめ商品を紹介ホワイトニングに興味が出てきて調べてみると、まず種類の多さに驚きますよね。 最も手軽なホワイトニングの歯磨き粉や、SNSなどで見る...

セルフホワイトニング(サロン)とは?

オフィスホワイトニング 種別 セルフホワイトニング
過酸化水素 薬剤 酸化チタン
30分〜1時間 所要時間 30分程度
10,000円〜
70,000円
予算 3,000円〜
5,000円
漂白作用 効果 歯の汚れ落とし

改めて、セルフホワイトニングとは?

エステやホワイトニング専門のサロンで、スタッフの指示のもので行うホワイトニングのことです。オフィスホワイトニングとは違い、薬剤を塗る作業などは全て自分で行います。

TAKA
TAKA
結局、自分で購入可能な成分で作業も自分でやるのに、サロンへ行くメリットって何があるかな?

使用可能な薬剤は「酸化チタン」を使うところが多く、歯の汚れを落とす作用があります。酸化チタンは、市販の歯磨き粉でも使われている成分です。

使用する薬剤、機械ともに資格が必要なものではありませんしね。

セルフホワイトニング(サロン)の料金

1回あたりの料金:3,000円〜5,000円

セルフホワイトニングサロンでは、1回あたり3,000円〜5,000円が料金の相場となります。

酸化チタンを使った薬剤を歯に塗り、LEDライトを複数回照射するサロンが一般的です。

セルフホワイトニング(サロン)で白さの持ちや通う頻度

サロンでのセルフホワイトニングに関しては、LED照射での効果が2~3週間と言われています。

そのため、月に2回は通うように推奨するサロンが多いようですね。

セルフホワイトニング(サロン)のメリット

セルフホワイトニング(サロン)を利用するメリットについてまとめて見ました。

個人的には、サロンへ行ってホワイトニングをするメリットはあまりないと感じています。

メリットよりもデメリットの方が多いし、ホワイトニングの本来の目的やゴールを考えるとセルフホワイトニングでは不十分だというのが個人的な見解ですね。

あくまで、個人の意見です!

光触媒効果で歯の汚れを落とす

セルフホワイトニング(サロン)へ行くメリットとしては、手磨きでは落とせない汚れを落とすという点です。

確かに、日常的な歯磨きだけでは落とせない歯垢や歯石もありますしね。

ただ、この光触媒で具体的にどの程度汚れが落とせるのか?というデータは、見つけることができませんでした。

普段の歯磨きで落とせない汚れなどは、歯医者さんのクリーニングなどがおすすめだとも言えますが。

強いて、セルフホワイトニングのメリットを探して見たところ、これしか思いつかなかった・・・w

セルフホワイトニングのLEDライトって意味あるの?メカニズムや効果はどう? ホワイトニングは大きく分て、歯医者さんでやるオフィスホワイトニングと、自分でやるセルフホワイトニングの2つに分られます。 ...

セルフホワイトニング(サロン)のデメリット

元の歯の色より白くはならない

やはり、ホワイトニングに求めるものって、歯の白さだと思うんです。

しかし、セルフホワイトニングの商品って、歯が白くなるということをウリにした広告宣伝が多いくせに、実際には歯の表面の汚れを落とすまでしかできないんです。

こういうのを消費者庁は取り締まってほしい!!

本当に大げさな写真や効果を謳ったサイトが多いですよね。

でも、あぁいうのがいまだに多いということは、やはりあれを見て買う人も多いということでしょう。

ここで改めて、ハッキリと言わしてもらいます。

セルフホワイトニングでは、歯の色は白くはなりません。

あなたの歯についた汚れを落として、今の歯の色にしてくれるまでです。

歯の表面の汚れや着色を落とすなら、そういう効果のある歯磨き粉と歯医者さんのクリーニングの方が安くて確実だと思いますよ。

サロンへ通う手間暇

使用する液剤や施術は自宅でも使用可能なものばかりです。

それなのにも関わらず、わざわざサロンを予約して交通費をかけてまで行くメリットありますかね・・・?

サロンを予約するのも面倒ですし、通勤や通学の途中に行けるとしても30分から1時間はかかりますからね。

自宅で漂白までできるHAKARAを使い始めてからは、わざわざホワイトニングのためにサロンへ行く手間は結構大きいですね。

市販の商品との効果の差がよくわからない

ここ数年、美容意識の高まりからかホワイトニングのサロンがめちゃくちゃ増えてます。

しかし、ぶっちゃけ、ホワイトニング歯磨き粉や普通の歯磨き粉と比べて、どれだけ優れているのか?という点についてが曖昧です。

光触媒の効果を謳っていますが、歯磨き粉では落とせない汚れなのか?

いまいちよくわからないし、そういう科学的根拠も見つけることはできませんでした。

個人的には、サロンに行くなら自宅でこういう商品を使って黄ばみを落とすかなと。

セルフホワイトニング(サロン)利用者の後悔や失敗談

ある程度調べてみると、セルフホワイトニングは漂白作用がないことは分かりますしね。

実際にセルフホワイトニングサロンへ通ってみて、効果がないと感じる人も多いようですね。

もちろん、歯の汚れがある人はセルフホワイトニングで汚れを落とせば、その汚れはきれいになりますよ。

ただ、多くの人は毎日歯磨きしているでしょうし、汚れが原因の歯の黄ばみじゃないですよね。

セルフホワイトニング(サロン)はこんな人におすすめ

興味がある人は、一度行ってみてもいいとは思います。

何事も経験して見ないと、わからないこともありますからね。

ただ、使用している液剤を見る限りは、効果はある程度に限られてしまいます。

むしろ、歯がすでに白くて黄ばんだことがないような人が、定期的なメンテナンスとして通うにはいいかもしれません。

汚れを落としやすくしてくれます。

ただ、それが目的であれば、ステイン除去作用が強い歯磨き粉を使うことと

1ヶ月に一回ほど歯医者さんへ行って、定期的にクリーニングしてもらう方が費用は安いし

効果も確実だと思います。

セルフホワイトニング(サロン)の代わりでおすすめは?

セルフホワイトニングで使う液剤って、結局は歯磨き粉なんですよね。

つまり、歯を白くしたいなら日頃の歯磨きをしっかりとする。

そして、それでも落ちないステインや着色を、漂白のホワイトニングで落とす。

 

  1. 日頃の歯磨き(歯磨き粉、セルフホワイトニング)
  2. 着色や沈着を漂白(HAKARA、オフィスホワイトニング)

この2ステップが必要です。

そうなると、漂白効果のあるホワイトニングは、数が限られてきます。

セルフホワイトニングでも、歯の漂白効果がある「HAKARA」の商品を使うか、オフィスホワイトニングへ行くかのどちらかです。

>HAKARAを使ったレビュー

>オフィスホワイトニングについて

セルフホワイトニングで歯が白くなる商品

今回は、通販のセルフホワイトニング歯磨き粉についてまとめて見ました。

セルフホワイトニングでは、基本的に歯の漂白作用はありません。使用可能な薬剤が限られているため市販の歯磨き粉と同等の効果と考えるべきです。

しかし、セルフホワイトニングのでも、新たな配合で漂白効果がある唯一の商品がありました。

それが、HAKARAという商品です。

通販タイプのセルフホワイトニングで、この商品は唯一の漂白効果があります。

HAKARAホワイトニング体験談

>>HAKARAじぶんセルフホワイトニング

 

この商品、日本でも唯一の歯が白くなる薬剤を使っているセルフホワイトニングなんです。

通常自宅で行えるセルフホワイトニングでは、歯が白くなる漂白効果がある薬剤は使用できません。

しかし、このHAKARAでは、世界特許申請中の独自のエッセンスで歯を白くすることが可能なんです!

HAKARA

HAKARAには、エナメル質の内部にまで働きかけて汚れを落としてくれる

亜塩素酸ナトリウムが、有効成分として使われています。

 

歯が白くなるセルフホワイトニング

そして、コーティングで着色しにくくなるため、オフィスホワイトニングでは着色しやすくなるというデメリットもカバーしてくれます。

TAKA
TAKA
この成分がHAKARA独自の特許申請成分なんだよね。
  • 市販の歯磨き粉では歯は白くならない(表面の汚れを落とすだけ)
  • エナメル質の色を白くするには薬剤が必要
  • 日本の市販のものには薬剤が効果が出るほど含まれているものはない
  • HAKARAは「亜塩素酸ナトリウム」でエナメル質内部まで白くする効果がある
  • サロンでのセルフホワイトニング(ミュゼホワイトニング)よりも格安
  • 自宅で簡単、好きなタイミングでできる

HAKARAは、歯の漂白成分が使われていない他のセルフホワイトニングとは違い、歯を白くする効果が立証されています。

使い始めこそ4週間〜6週間、週に1回やる必要があります。それ以降は、月に1回(4,400円)だけでOKなので費用的にも助かります。

白くなる成分が入っていない歯磨き粉に数千円使うなら、こちらを使う方が確実かつコスパ良く白い歯を手に入れることができます。

このHAKARAを使いながら、日頃の歯磨きはステイン除去効果がある歯磨き粉を使えば十分でしょう。

TAKA
TAKA
オフィスホワイトニングと同じメカニズムなのに、安全性が高くて料金も安いんだね。

 

HAKARAの詳しいレビューは別記事でまとめています。

興味のある方は、こちらから

30代黄ばんだ歯を自宅で白くした市販の商品!セルフホワイトニングで失敗しないためのポイント今回は『HAKARA』というセルフホワイトニングの商品のレビューを書いていこうと思います。 というのも、 私はこれまで30数...